ブログの記事から検索

2019年5月14日火曜日

NGN(東)の経路情報をtelnetで取得

HGWのログを見てると経路取得ログって有って気になるよね。ということで

Windows のtelnetクライアントでも良いんだけど、echoがないから微妙なのでlinuxが無難。

2019.05.15 追記
下部にcurlで取得する方法を追記。curlの方がスマート。


  1. telnetでサーバーのポートを叩いて取得する方法
  2. curlでリクエストヘッダに connection: close を追加してスマートに終わらせる方法




1.telnetでサーバーのポートを叩いて取得する方法

$ telnet route-info.flets-east.jp 49881
Trying 2404:1a8:c023:3201::15...
Connected to 2404:1a8:c023:3201::15.
Escape character is '^]'.
GET /v6/route-info HTTP/1.1
Host: route-info.flets-east.jp:49881
Accept: */*
Connection: close

HTTP/1.1 200 OK
Date: Tue, 14 May 2019 10:30:21 GMT
Content-Type: text/plain;charset=EUC-JP
Content-Length: 614
Connection: close

0000,2018/08/31 10:03:19
1111,2404:01a8:7e00:0000:0000:0000:0000:0000/40
1211,2404:01a8:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
1212,2001:0c90:0000:0000:0000:0000:0000:0000/33
1311,2408:0210:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1411,2400:2410:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1412,2409:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1413,240b:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1414,2404:7a80:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1415,2405:6580:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1416,2400:4050:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1417,2401:4d40:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1418,2001:0f70:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
Connection closed by foreign host.
$

NTT Com. の後にフリービットがVNEに参入するってニュースが有って追加されていたのは確認していたけど、その後のアルテリアは全く知らなかった。
よくよく見るとフリービットの承認、去年どころか一昨年の話だった件。
うーん、時が経つのが早い。


2019.05.15 追記
Twitterで更新を流したら、ありがたい知見を頂いたので早速試しました。


2.curlでリクエストヘッダに connection: close を追加してスマートに終わらせる方法

$ curl -H "connection: close" route-info.flets-east.jp:49881/v6/route-info
0000,2018/08/31 10:03:19
1111,2404:01a8:7e00:0000:0000:0000:0000:0000/40
1211,2404:01a8:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
1212,2001:0c90:0000:0000:0000:0000:0000:0000/33
1311,2408:0210:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1411,2400:2410:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1412,2409:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1413,240b:0010:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1414,2404:7a80:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1415,2405:6580:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1416,2400:4050:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1417,2401:4d40:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30
1418,2001:0f70:0000:0000:0000:0000:0000:0000/30

得られた出力もとてもスッキリ。

普段からcurlを多用してる方には当たり前のことなんだろうなぁと思いつつ、やはりコマンドラインは最高だな。などと思ったり。
HGWもこんな感じでやってたんだろうな。






0 件のコメント:

コメントを投稿